老人性疣贅がきれいになると評判のスキンケアとは?

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)ってご存じですか?

 

なんだか「いかにも高齢者」というイメージがしますね。

 

30代、40代の人なら、「私には関係ないわ」なんて思うかもしれません。

 

でも、それは大まちがいなんです。

 

老人性疣贅は早ければ20代からできてしまう良性のイボで、

30代、40代と年代が上がるほど、できてしまった人の数も多くなります。

 

そんな老人性疣贅をスキンケアできれいにする方法があります。

 

イボというと、専門の治療薬や、

皮膚科に行かねば治らないと思われがちですが、

 

今は「化粧品」のジャンルに入るジェルや

クリームなどスキンケア用品で解決してしまえるのです。

 

その中でもネットや口コミで評判の

老人性疣贅のスキンケア商品があるというので、さっそく調べてみました。

 

でも、その前に、老人性疣贅とは何なのか?

ちゃんとした知識を持っておきましょう。

 

 

 

いちばんの原因は加齢。年齢とともに増えるのも特徴

 

老人性疣贅とは、首や顔、胸元や脇など、

肌が比較的やわらかくて繊細なところにできてしまうイボです。

 

大きさは直径2ミリ程度の小さなものが一般的に多く、

色は茶褐色や黒褐色をしています。

 

「老人性疣贅」という名称のほか

「老人性イボ」「角質粒」「脂漏性角化症」ともいわれています。

 

主な原因は加齢による

お肌のターンオーバーサイクルの乱れです。

 

肌の新陳代謝であり、

生まれ変わりともいえるターンオーバーは二十歳ごろをピークに低下して、

 

40代ともなると個人差はあるものの

50日以上のサイクルになってしまうこともあります。

 

私たちがいつも「お肌」として触れている部分は角質層といいます。

 

この角質層は周期的に剥がれ落ちて、新たな層が表皮となります。

 

これがいわゆる「お肌の生まれ変わり」です。

 

ターンオーバーが乱れると、

この角質層がスムーズに剥がれ落ちなくなり、

長いこと表皮として留まってしまうことになります。

 

それが積み重なると、

角質同士が寄り集まるようになっていき、

いつしか粒のような塊になってしまうのです。

 

そのため老人性疣贅を改善するためのスキンケアには、

硬くなった角質をやわらかくして

剥がれやすくする作用が求められることになります。

 

 

紫外線ダメージもポツポツの原因に

また、紫外線も老人性疣贅ができる原因となります。

 

いまや紫外線対策のスキンケアは当たり前になりましたね。

 

基礎化粧品からメイク用品まで、

夏はもちろん一年を通じてUVカット商品がラインアップされています。

 

そのため「顔」はだいぶ守られるようになりました。

 

でもその一方で、

首まで気をつけている人は、まだまだ少ないのかも知れません。

 

まるでそこを狙うかのように、

首に老人性疣贅ができている人がとても多く見られるのです。

 

あなたも思い当たるのではないでしょうか?

 

顔はしっかりUV対策のスキンケアを使っていたとしても、

首までは気が回らなかったりしますよね。

 

首にできた老人性疣贅も、

ひとつかふたつならそんなに気にならないのですが、

残念ながら歳を重ねるごとに増えてしまいます。

 

紫外線のダメージは

お肌から「うるおい成分」を奪ってしまいます。

 

うっかり日焼けしてしまうと、

お肌がかさついたりするのはそのためなのです。

 

このようなことから、老人性疣贅のスキンケアには、

お肌にうるおいを与える美容成分が含まれていることが望ましいとわかります。

 

このように老人性疣贅について学んでみることによって、

老人性疣贅を改善するスキンケアの評判が

本当かどうかを見極めることができるようになります。

 

⇒老人性疣贅専用のイチオシクリームはコチラ!

 

 

 

ハトムギエキスとあんずエキスに注目

 

さて、では、このような基準をもとに、

ネットで評判の老人性疣贅をきれいにするスキンケア商品を調べてみました。

 

「医薬品」や「医薬部外品」ではなく、

純粋に「化粧品」というジャンルに入るものが対象です。

 

検索してみると、クリームや乳液、

ジェル、エッセンスなど、いろいろなタイプがヒットします。

 

評判の高いものに共通しているのは、

ハトムギエキスが含まれていることです。

 

ヨクイニンと表示されている場合もあります。

 

これは呼び方が違うだけで、原料はハトムギです。

 

ハトムギ茶などで知られるハトムギは、

昔からヨクイニンとして漢方薬で使われてきました。

 

その効能はイボやニキビ、

肌荒れなどの皮膚疾患を改善することです。

 

特にイボの治療には今でも漢方医がヨクイニンを基本としているくらいです。

 

日本でも江戸時代にはすでに定着している漢方で、

それだけ長いこと使われてきたということは、

効果も確かで、しかも安心だということができます。

 

ハトムギエキス(ヨクイニン)は主に経口で使われてきていますが、

最近ではハトムギエキス入りの化粧水がコスメランキングで殿堂入りするなど、

お肌に直接つけても効果があることがわかります。

 

健康で若々しいお肌はしっとりとして弾力があるものですが、

ハトムギエキス入りの化粧品を使うと、

もっぱら「しっとり感」と「弾力」が蘇るのを実感する人が多いようです。

 

さて、老人性疣贅に効くスキンケアで好評な商品を見てみると、

ハトムギエキスに加え、あんずエキスが使われているものが目立ちます。

 

ハトムギエキスがお肌にいいと知っていても、

あんずエキスもいいとはあまり知られていませんね。

 

あんずエキスは杏に含まれる仁から搾取された成分で、

角質をやわらかく、そしてなめらかにする作用があるようです。

 

老人性疣贅は角質が塊になってしまったものですから、

とにかく角質をやわらかくして、取れやすくすることが重要です。

 

そのために、あんずエキスが役に立つというわけですね。

 

老人性疣贅をきれいにするには、

ハトムギエキスとあんずエキスの

ダブル効果が鍵を握るといってよさそうです。

 

 

再発させないために美容成分も忘れずに

でも、それだけでは物足りないような…。

 

老人性疣贅をこれ以上増やさない、

復活させないためには、

お肌そのものをできるだけ良いコンディションに保つ必要があります。

 

そのためには美肌成分を採り入れたいものですね。

 

もちろん美容液などで補充しても良いのですが、

最近大人気のオールインワン型ならば簡単で忙しくても続けられます。

 

実は、最も評判の高い商品は、

ハトムギエキスとあんずエキスに加え、

美容成分が98%以上という高い割合で使われているのです。

 

美肌成分といえば、

すっかりお馴染みの「うるおい成分」であるヒアルロン酸、

そして、お肌の調子を整えハリを与えるプラセンタエキス。

 

 

どちらも年齢肌には欠かせない成分で、

毎日しっかりと補いたいところです。

 

 

また、もうひとつの

「うるおい成分」として重要なものに、アロエベラがあります。

 

アロエは古代から薬効成分が認められ、

民間薬として浸透してきました。

 

あの独特な葉っぱをぽきんと折ると、

内側から水分がしたたってきます。

 

これが火傷や傷などにいいとして外用薬にも使われました。

 

アロエには、うるおい成分のほかにも

炎症などを抑える作用があるということなんですね。

 

これが敏感でバランスを崩しがちな

年齢肌をすこやかに導いてくれるのです。

 

老人性疣贅がスキンケアできれいになる、

その理由がおわかりいただけたでしょうか。

 

いずれも天然由来の成分ですから、

安心して使うことができるのも嬉しいところです。

 

ただ、それだけに即効性を求めることはできません。

 

すぐにでも取りたい場合は、

やはり皮膚科で直接取るような施術をしなければなりません。

 

ただ、跡に残ったり、再発することが少なくないのです。

 

顔や首はお肌が敏感なところなので、

おだやかな作用のスキンケアを使って、

ある程度の時間をかけて、きれいにするのがおすすめです。